カテゴリー

open all | close all



スイム復活

1年振りに、プールへ泳ぎに行って来ました。

もともと、寒暖差などのアレルギー性鼻炎だったのですが、
プールへ行くと、塩素によるアレルギーがひどく、当日は
もちろん、翌日かひどいときは翌々日までくしゃみと鼻水が
止まらず、このままでは、鼻の粘膜が溶けてしまうんじゃ
ないかと思うくらいで・・・

いや、もう笑い事じゃなく、とてもつらい思いをしてました(^_^;)
花粉などでは、それほどひどいことならないんですけどね。
で、とうとう1年程前にプールに通うのを止めてしまってました。

しかし、トライアスロンシーズンまっさかりのこの時期、周りの
みんなが頑張ってるのを見ると、とてもじっとしておられず、
泳ぎたいとネットで、いろいろ対策を調べてみました。

同じように苦しんでおられる人多いですね。
点鼻薬や、飲み薬などいろいろ対策はあるようですが、
副作用もなく、最も良さそうだったのが、ノーズクリップ
いわゆる鼻栓で、物理的にプールの水が鼻に入らない
ようにすることでした。

と言うことで、ノーズクリップを買ってみました。

Speedo ノーズクリップ SD97A07

選んだのは、「Speedo ノーズクリップ SD97A07」です。
プラスチックの物等いろいろあったのですが、これが
一番丈夫そうで、使えそうと。

ちょっときつめだけど、しっかり鼻をホールドしてくれます。
見た目とかは、まあ、、、もう、どうでもいいや(笑)

で、今日約1年ぶりにジムの会員登録をして、泳いできました。

結論からいいますと、バッチリです(^_^)v

全然水が入ってこず、泳いだ後も、くしゃみも鼻水も全く
出ません。

ただ、水泳中、顔を浸けてるときに、鼻から息を出していたのですが、
それが口のみでの呼吸になるので、慣れるまで少し苦しかったです。

と言うことで、今日は慣らしと言うことで、1Kmだけですが、
久しぶりに泳いで、とても気持ちよかったです。

これで、水泳復活出来ます(^^)
頑張って泳ごう!

 

立ったままノートパソコンを使う

先日のアクアスロン練習会で、計測係をしていたのですが、その際、
パソコンを置く場所の関係から、スイム及びランのゴールから少し離れた
ところにいて、ゴール近くの女子スタッフに、選手のゼッケンを読み上げて
貰ってました。

周りの音もあり、どうしても大きな声を出させてしまうことになり、なんとも
申し訳ないなぁと、思っており、レース後も何かいい方法はないものかと
考えてました。

で、スイムとランのゴール位置付近で立ったまま、パソコンが使えれば
いいんじゃないかと思い、いろいろ検索してみると、出てきました。

『スタンドワーカー 立ったまま両手でパソコンが使えるPCバッグ

スタンドワーカー 立ったまま両手でパソコンが使えるPCバッグ
 
ただ、バッグはいらないし、1万円も出すのはなぁと言うことで(^_^;)
これを参考に、自作してみました。
ベースにしたのは、丁度去年の練習会で熱暴走したパソコンを冷やすために
買っていた、PCクーラー。

立ったままパソコンを使う

まあ、自作と言ってもPCクーラーに、リングを付けてベルトを通した
だけなのですが(笑)

立ったままパソコンを使う

これで、パソコンが落ちないようにベルトを付ければ十分に使える感じです。

立ったままパソコンを使う

ちなみに、ベースにしたのは『BESTEK ノートパソコン 冷却台 BTCPN2BK』
です。

次の練習会は、9月なのでそれまでに試してみようと思います(^^)

 

久しぶりのジョグとしらさぎ練習会

昨日は、恒例のチームしらさぎのアクアスロン練習会でした。

今回の参加者は30名丁度。
去年と違って、今年は6月7月と好天に恵まれ、とても暑い中での
練習会でしたが、スイム・ランとも事故もなく無事終了、楽しい1日
を過ごせました。

チームしらさぎ、アクアスロン練習会

例によって、私はスタッフとして計測・集計係。

と言うことで、前日の土曜日夕方に久しぶりに軽くジョグしてきました。

いつもの、野々池コースだったのですが、家を出てしばらく行くと
公園の前にさしかかります。
そこで

「じぃじぃ~!」

と呼ぶ声が。
振り返ると次女と孫が、滑り台のところから手を振ってました。
聞くと自転車で来ているとのことで、娘が孫を自転車に乗せて
私のジョグの伴走をすることに。

そう言えば、子供たちが小さな頃は、ランニングする私の横を、
よく自転車で着いてきたものでした。

長女の方の孫たちも、何年か前の湯梨浜トライアスロンに
ついてきたりして、普通に私が走っている姿を見せてきましたが、
最近あまり走ってないこともあり、次女の方の孫には、珍しい姿
だったようです(^_^;)

と言うことで、この日も暑かったですが、孫のおかげで気持ちよく
走ることが出来ました。
6.5kmほどですが・・・

野々池ジョグ

また、孫を誘って走ろう(笑)

 

オーストラリア・ケアンズの旅~最終日

オーストラリア・ケアンズの旅、現地5日目。
いよいよ最終日です。

この日の午後1時発の飛行機で、ケアンズを発ちますので
特にどこかへ出かける、と言うこともせず、海沿いの
エスプラネードをぶらぶらしてました。

La Pizza

まず、『La Pizza』というレストランのテラスで朝食。

La Pizzaの朝食

ピザが美味しいらしいのですが、朝と言うことで、クロワッサンと
チョコレートのパン、エスプレッソ、カフェラテなどを注文。
朝食のセットもあったようなのですが、それほど食べられないので
このくらいが丁度いいです。

La Pizzaのクロワッサン

といいつつ、クロワッサンが美味しくて、おかわりしてしまいました(笑)

ケアンズ ボートウォーク

エスプラネードの海側、ボードウォークです。

ケアンズ港

この日は、あいにくの天気で、日が差したり雨が降ったりで、
こんな風に、いわゆる「天使のハシゴ」が見られたり。

散歩の後、ホテルをチェックアウトして、タクシーで少し早めに空港へ。

ジェットスター

帰りも当然ジェットスターです。

あっと今に時間が経ち、機上の人となり・・・

空から見るグレートバリアリーフ

空から、グレートバリアリーフが見れるかと思いましたが、雲が多く
少し海が見えただけでした。

 

とこんな風に、初めての海外旅行、オーストラリア・ケアンズの旅は
終わりました。
早朝に到着しての現地4泊5日でしたのでわりとゆっくり出来るかと
思いましたが、過ぎてしまうとあっと言う間ですね。

パッケージツアーや旅行会社を利用せず、飛行機も宿も、現地ツアーも
全て自分で手配しましたので、行くまではどうなることかと思いましたが、
特にトラブルもなく、心配してた英語も何とか通じて、楽しく旅することが
出来ました。

今まで海外旅行を敬遠していた妻も、今回の旅行で大分印象が
変わったようです。
またどこかへ行けるといいのですが・・・

 

オーストラリア・ケアンズの旅~その8

ちょっと間が空きましたが、オーストラリア・ケアンズの旅の続き、
現地4日目です。

ケアンズに着いてから、ずっと朝からツアーなどで行動してたので、
この日の朝は、ちょっとゆっくりしてケアンズの街をぶらぶら。
(と言っても8時ごろにはホテルを出てたのですが・・・)

まずは、初日に行けなかったメルドラムス・パイ

メルドラムス・パイ

ミートパイの全国大会で何度も受賞している有名店だそうで、
早速中へ入っておすすめを聞いてみることに。

Are you a Japanese?”

”Yes”

と言うと、日本語のメニューを持って来てくれました(^^)

メルドラムス・パイ

で、チーズ入りのミートパイとキッシュ、カフェラテを注文
テラスで頂きました。

メルドラムス・パイ

ミートパイ、キッシュ共にとても美味しかったです。

 

朝食の後、ケアンズセントラル・ショッピングセンターへ
面白そうな店を覗いたり、お土産物を見たり・・・

TimTam

子供たちへの土産に買った、TimTam

刃物専門店があったので、どんなのを並べてるかと、入ってみましたが・・・

刃物店のディスプレイ

このディスプレイは、あかんやろ!
なんちゅうナイフスタンドや・・・(^_^;)
と思わずつっこんでしまいました(笑)

ちなみに、日本製の包丁がたくさん置かれてました。
やはりオーストラリアでも日本の刃物人気ですね。

 

その後、港のあたりなど散歩して、イタリアレストランで
パスタランチを食べて一旦ホテルへ。

午後からは『アサートン高原とパロネラパークツアー』に
参加しました。

カーテンフィグツリー

アサートン高原の「カーテンフィグツリー」
樹齢500年以上とか
絞め殺しのイチジクなんて、物騒な名前が付いています。
なんでも、親木に鳥がイチジクのタネを落とし、そこから根が出て
このカーテンのようになっているのだとか。
やがて、親木はたくさんの根に絞め殺されて朽ちてしまうそうです。

上の写真だけだと大きさがあまり分かりませんが・・・

カーテンフィグツリー(絞め殺しのイチジク)

こうして人が前に立つと、大きさがよく分かって頂けるかと。
かなりの迫力でした。

ミラミラの滝

続いて、ミラミラの滝。
きれいな滝でした。
この日は、雨が降ったり止んだりの天気で水量はわりと多めでした。

そこから、さらに移動してパロネラ・パークへ

パロネラ・パーク

熱帯雨林に囲まれた中に、西洋のお城のような建物があります。
1930年代にスペイン人移民ホゼ・パロネラによって建設された施設です。
小さい頃から城がほしいと願っていた、ホゼ・パロネラ自身により設計され
建設されたそうです。

その後、サイクロンや火災などで廃墟となっていたのを今の経営者が
買い取り、観光施設となったとか。

パロネラ・パーク

熱帯雨林の並木道

パロネラ・パーク

中には滝もあります。

パロネラ・パーク

ライトアップされたお城。
とても雰囲気があって良かったです。

この後、イタリアンレストランでビュッフェ形式のディナーを食べて
ホテルへ帰りました。

このツアー、アサートン高原とパロネラパークツアー、両方行けるので
いいかと思いましたが、どちらもバタバタして、慌ただしかったです。
どちらかに絞って、ゆっくりする方がいいですね。
貧乏性なので、つい、あっちもこっちもとなってしまうのが悪い癖です(笑)

オーストラリア旅行、最終日に続きます(^^)

 

 

1 / 35112345...102030...»|