カテゴリー

open all | close all



オーストラリア・ケアンズの旅~その3

オーストラリア・ケアンズの旅の続きです。
ケアンズ到着1日目、キュランダツアーから帰ってきて、
ホテルでしばらく休憩した後、夕食に出かけました。

ロー プロウン

『ロープロウン』というシーフードレストランです。

ロー プロウン シーフードレストラン

行くと満席。
私たちは、行く前にネットから予約してたので大丈夫でしたが、
かなりの人が断られていたようです。

日本人の観光客が多いこともあり、日本語メニューがあり、
日本人の店員さんもいました。

マッドクラブが食べたかったのですが、この日は売り切れ。

 

Mixed Seafood Grill

こちらは、Mixed Seafood Grillです。
バナナエビ、うちわ海老、バラマンディー、イカの炭焼きが
載っています。
うちわ海老は、五島列島でも食べたことがありますが、
甘みがありとても美味しかったです。

アイフィレステーキ

アイフィレ ステーキです。
お肉はこのくらい厚みがある方がおいしいですよね。
フィレなので柔らかく、お肉の味がしっかりして美味しかったです。

マリナーラ (ミックスシーフードのトマトソースパス タ)

マリナーラ (ミックスシーフードのトマトソースパスタ)です。
こちらも美味しかったです。

結構ボリームがあり、二人でこれだけ食べて、ビールとワインを三杯ずつ
飲むとお腹いっぱいになりました。
最近、二人ともかなり小食になりました(笑)

こうして、オーストラリアでの長い初日が終わりました。
この日は、早朝についてからずっと行動してたので

「1日が長かったなぁ、まだ先があるから楽しみやな」
と、話していたのですが、2日目からはあっと言う間に過ぎて行きます・・・

と言うことで、2日目以降の様子は、また後ほど(^^)

 

 

オーストラリア・ケアンズの旅~その2

ケアンズの旅その2、2日目(現地到着1日目)です。

今回の旅行は、ツアー会社のツアーではなく、自分で飛行機・宿などの
手配をして、着いてからのために、現地ツアーをいくつか申し込んでいました。

その最初のツアーが、キュランダツアーです。
ちなみに申し込んだのは、こちら『ジェイさんツアー』(^^)

朝食後、ホテルで待っているとマイクロバスが迎えに来てくれます。
他の参加者も乗せて、まずは「スカイレール」の駅へ。

スカイレールの駅

ゴンドラに乗って、世界遺産の熱帯雨林の上をキュランダまで行きます。

スカイレール

途中駅があり、何度か乗り換えます。

スカイレール

かなりの絶景です。

スカイレールから見るキュランダ鉄道

森の向こうには、帰りに乗るキュランダ鉄道が見えます。

スカイレールから見る滝

滝なども・・・

レインフォレステーション・ネイチャーパーク

ロープウェイで、キュランダ到着後は、ツアーのバスで
レインフォレステーション・ネイチャーパークへ

レインフォレステーション・ネイチャーパーク

ここでは、コアラを抱っこして写真を撮ることが出来たり
(オーストラリアでも出来る州は少なくなっているそうです)
ミニ動物園を散歩したりして過ごします。

レインフォレステーション・ネイチャーパーク

カンガルーはそこらじゅうにいます(笑)

レインフォレステーション・ネイチャーパーク

迫力満点のクロコダイル、こちらは翌日もっと面白いツアーに
行きましたので、後日その様子をご紹介します。

 

アーミーダック

動物園を散策の後は、「アーミーダック」という水陸両用車に乗って
公園内のツアーです。

アーミーダックツアー

ガイドのジェイさん、堪能な日本語でキュランダの自然などを面白く
紹介してくれます。

アーミーダックツアー

世界最古の熱帯雨林の中を進みます。

アーミーダックツアー

池も・・・ここにはクロコダイルはいません(笑)

アーミーダックツアー終了後、キュランダの町を自由散策して
各自、3時半発のキュランダ鉄道に乗って帰ります。

実は、今回メインで使ってたのが、動画用の「アクションカム」で
気がついたら、キュランダ村の写真が1枚もありませんでした。
すごくいい感じの村だったのですが・・・

唯一あったのが、お昼に食べたホットドッグ(^_^;)

キュランダで食べたホットドッグ

 

キュランダ鉄道の駅

キュランダ鉄道の駅です。

キュランダ鉄道

すごく長い列車です。
この鉄道「世界の車窓から」のオープニングにも使われたそうです。

キュランダ鉄道からの風景

途中、バロン滝が見える駅で10~15分ほど停車します。

キュランダ鉄道からの風景

遠くにケアンズの街並みや海も見えます。

キュランダ鉄道

鉄橋をぐるっと回っていきます。

キュランダ鉄道からの風景

車窓から見える滝

キュランダ鉄道

2時間ほどの列車の旅でした。
ケアンズ駅到着後、歩いてホテルへ

到着したその日の朝からのツアーでしたが、キュランダ
とても良かったです。

続きます・・・(^^)

 

 

 

オーストラリア・ケアンズの旅~その1

ゴールデンウィークに、オーストラリアのケアンズへ行って来ました。

実は、初めての海外旅行です(^^ゞ

北は、最北端の北海道宗谷岬から、南は最南端の波照間島まで、
国内は、あちこち行きましたが、妻があまり海外へ行きたがらない
こともあり、今までパスポートも持っていませんでた(笑)

ところが、昨年秋、長女一家が結婚10周年の記念にケアンズへ
行って、そのビデオなどを見てるうちに、私たちも行ってみようかと、
ついに初海外となった次第です。
まあ、しょっちゅう海外へ行ってる人からすると、何言うてるねん!
てな感じでしょうが・・・

前置きが長くなってしまいました(^_^;)

map

ケアンズはこのあたり、日本から直行便で7時間半ぐらいです。
熱帯雨林があり、あこがれのグレートバリアリーフへの玄関口でもあります。

利用したのは、LCCのジェットスター、関空からケアンズ空港へ
直行便が出ています。

神戸港からベイシャトルで関西空港へ。

ジェットスター窓口

関空到着後、早速ジェットスターの窓口で搭乗手続きです。
あらかじめウェブチェックインをしていたので、わりと簡単に
手続きは済みました。
荷物を預け、搭乗まで軽く食事をしたりして過ごします。

関空出国手続き

初めての出国手続き、ちょっとドキドキしたけど特に問題なし。

ジェットスター

本日搭乗するジェットスター機。
夜9時に関空出発。

機内食

離陸してしばらくすると配られる、機内食です。

機内食

ネットで、あらかじめ希望の品を選ぶことが出来ます。

慣れない機内で、なかなか眠られず、朝を迎えます。

現地時間の朝5時過ぎ、無事ケアンズに到着。
ちなみに、時差は1時間で、向こうの方が1時間早くなります。

飛行機から降りて、入国の手続きです。
写真撮影が禁じられていましたので画像がないのですが、
機内で渡された入国カードを持って、入国する人の列に並びます。

この時、機械で手続きする列と、人がいる場所でする列に分かれます。
私たちは、人がいる方に。

オーストラリアは、食品や薬品、動植物などの持ち込みが、厳しく制限されて
いて、入国カードにも申請する欄があります。

私も、薬を持っていましたので、一応薬品のところにチェックを入れておいて

係官に

I have some medicine.」

って言うと、特に中身をチェックすることもなく通してくれました(^^)

 

空港から、タクシーでホテルへ
まだ、6時過ぎなので、チェックインも出来ず、荷物だけ預けて
町へ朝食を食べに出かけました。

あらかじめ行きたい店をピックアップしていたのですが、見つからず
通り筋にあった店に入ります。

ケアンズの店

ここで、ソーセージとハンバーガーを注文

ハンバーガー

やっぱり向こうのハンバーガーは、大きいですね。
味は、まあまあでした。

と、こんな感じで出発から到着までが過ぎて行きました。

熱帯雨林の世界遺産キュランダツアーにつづきます(^^)

オンライン英会話【ネイティブキャンプ】に登録してみました

2年程前に、10日間ほどホームステイを受け入れて以来、ほぼ毎日
NHKのラジオ講座を聞いて英語の勉強をしているのですが、
(と言っても仕事をしながら聞き流しているだけですが)
なかなか話す機会がないので、英会話習いに行きたいなぁと
思っていました。

で、そう言えばわざわざ出かけなくても、最近流行のオンライン英会話で
ええんちゃうん?

と思い、いろいろ検索。

予約せずに空いた時間で受けられるのが良さそうなので、取り敢えず
「ネイティブキャンプ」に登録してみました。

ネイティブキャンプ

まだ、1回、25分のフリートークを受けただけなので、よく分からないのですが
続けてみて、また、感想など投稿してみたいと思います。

さあ、頑張って続けよう!(^^)

座間味でホエールウォッチング

3ヶ月ぶりのブログ更新です(^_^;)

実は、日々の仕事に加え、やってもやっても終わらない仕事をかかえておりまして、
ブログを更新する余裕がありませんでした。
あ、今もまだその状況は変わってないのですが、ちょっと気分転換に、久しぶりに
旅行記を書いています(笑)

3月の連休に沖縄県の座間味島へ、ホエールウォッチングに行って来ました。

朝、神戸発のソラシドエアで、那覇へ。
午前中に那覇に着くのですが、この時期船の便が悪く、座間味島へ入るのは
夕方です。

で、翌日朝のホエールウォッチングツアーに参加。

まず、座間味港で、鯨についての講義を受け、それぞれ船に乗り込みます。
連休と言うこともあり、この日は参加者が多く、10数人ずつ数隻の船に分かれての
乗船でした。

出港すること30分、鯨はなかなか見られません。

どうやら他の船は、見れているそうですが、たくさんの船で鯨を取り囲むようなことは
出来ないので、他の個体を探します。

座間味島ホエールウォッチング

やがて、遠くにいるのを発見したようです。

座間味島ホエールウォッチング

どうやら親子のようです。
これは期待できます(^^)

座間味島ホエールウォッチング

かなり近づきました。

座間味島ホエールウォッチング

船からの距離はこんな感じです。
観光客は、船首部分と、2階部分に分かれて見学しており
私たちは、2階から見ていました。

座間味島ホエールウォッチング

しっぽを上げて潜るところです。

座間味島ホエールウォッチング

一度潜ると、15分~30分ぐらい出てきません。

この日は、親子連れと、雄の鯨の3頭が一緒に泳いでいるのを
見ることが出来ました。

午後から出航した船は、鯨がジャンプするところが見られたらしいです。
うらやましい・・・ですが自然のことですので、うらやんでも仕方が無いですね。

ちなみに、座間味村ホエールウォッチング協会のサイトによると、今シーズンの
鯨識別頭数は、173頭で去年より30頭多いそうです。

ホエールウォッチングツアーは、12月末頃から4月初め頃まで開催されています。
2月3月頃が多く見られるようですね。

詳しくは>>座間味村ホエールウォッチング協会 http://zwwa.okinawa/

 

 

1 / 34912345...102030...»|