カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC05492 DSC01442 nagominotou12-1 DSC00777 IMG_4930 IMG_5056

Instagram



2018北海道流氷の旅~3

北海道流氷の旅2日目です。
この日は、お昼前のバスで網走へ移動の予定ですので、朝はゆっくりして
近くを散歩。

知床ウトロ港の流氷

知床ウトロ港です。

11:55ウトロ発のバスで、網走流氷砕氷船のりばへ行きます。
一旦、ホテルへ行って荷物を預けようとすると、もうチェックインすることが
出来ました。
助かりますね。

おーろら号流氷クルーズ

いよいよ今回の旅行のメイン、おーろら号流氷クルーズです。
あいにく、雪がかなりの勢いで降ってきました・・・

おーろら号流氷クルーズ

出航からしばらくすると、海は一面の流氷に覆われてきました。

おーろら号流氷クルーズ

砕氷船は、バリバリと流氷をかき分けて進みます。

おーろら号流氷クルーズ

通り過ぎた後も、流氷

おーろら号流氷クルーズ

所々青く見えます。

おーろら号流氷クルーズ

写真だけでは伝わりにくいので、動画も入れておきます。

 

もう少しだけ続きます(^^)

2018北海道流氷の旅~2

スノーシューハイクの後、ホテルにチェックインして、早速温泉に。

写真は無いのですが(笑)、流氷を眺めながら温泉に浸かるのは格別です。
外国からもたくさんの人が来てたのですが、入り方がいまいち分からないようです。
英語でのわかりやすい説明がいりますね。

夕食は、ホテル内のレストランでバイキング。
(知床のホテルは、バイキングが多いです・・・。)

その後、この次期開催されている「知床流氷フェス」へ

知床流氷フェス

丘の上にある野営場で木々や氷の造形物などをライトアップしています。

知床流氷フェス

かまくら状のドームになったアイスバー入り口

知床流氷フェス

中では、カクテルなどを販売していました。

知床流氷フェス

氷のシャンデリア?

知床流氷フェス

中は迷路のようになっていて楽しめました。

知床流氷フェス

入場料に、ワンドリンクが含まれていて、たき火を囲みながら
ホットワインをいただきました。

こうして、朝早くからの長い1日目が終わりました。
翌日に続きます(^^)

 

2018北海道流氷の旅~1

もう2ヶ月も経ってしまいましたが、2月の連休に、北海道知床・網走へ流氷を見に
行って来ました。

2年前にも行ったのですが、その時は3月の連休だったので、すでに流氷本体は
去ってしまっており、湾内などに少し残っている程度でした。
ですので、今度はびっしりの流氷を見に行きたいと2月に行って来ました。

羽田発女満別行き

前夜の最終便で東京入り、06:55羽田発のJAL女満別行きに搭乗。

羽田発女満別行き

女満別空港には、8:40着です。
早いですよねぇ・・・

知床エアポートライナー

女満別空港発、知床行きのバス「知床エアポートライナー」に乗ります。
連休なのに事前予約が出来なくって、大丈夫かな?と思ってましたが
まあまあ普通に座れました(^^)

女満別の気温

ちなみにこの時の気温は、-10度でしたが、それほど寒さは感じませんでした。

女満別の雪景色

車窓からは一面の雪景色が見られます。
これは、ちょうど女満別メルヘンの丘あたりですね。

流氷

海岸沿いの道路からは多くの流氷を見ることが出来ました。
うーん、いい感じ。

ウトロ港

11時過ぎ、知床ウトロ港へ到着です。
東京にいると、朝出て午前中に知床に入れるんですね。
いいなぁ・・・

ホテルに荷物を預け、昼ご飯を食べに

知床「波飛沫」

ラーメン屋さん「波飛沫(なみしぶき)」
実は、3度目です。
ミシュランのビブグルマンに載ったそうで、いつ行っても繁盛してます。

知床「波飛沫」のチャーシュめん

私が食べたのは、チャーシュー麺

知床「波飛沫」のネギラーメン

こちらは、妻が食べたネギラーメン。
どちらも美味しかったです。

 

ホテルのクリオネ

ホテルで、ガイドさんと合流、午後からはスノーシューハイクです。
画像は、ホテルのロビーのクリオネ

 

知床のスノーシューハイク

スノーシューを付けて

知床のスノーシューハイク

ガイドさんに続いて森の中を歩いて行きます。

知床のスノーシューハイク

崖のフチに、エゾ鹿が数頭いました。

知床のスノーシューハイク

崖の後ろは、流氷の海です。

知床のスノーシューハイク

エゾ鹿と流氷・・・

知床連山

反対側には知床連山
真っ白ですごくきれいでした。

フレペの滝

凍った、フレペの滝。
乙女の涙と呼ばれているそうです。

フレペの滝

 

流氷のオホーツク海

流氷がびっしりのオホーツク海です。

プユニ岬からの景色

こちらは、帰り、プユニ岬から見るウトロの町とオホーツク海です。

続きます・・・

Instagram始めました。

かなり今頃?って感もございますが(笑)
前からやりたかった【e刃物.com 公式Instagram】を始めました。

e刃物.com公式Instagram

ホームページやブログとは違う形で、刃物やそれに携わる人々など、いろんな魅力を
お伝え出来ればと思っています。

下記よりご覧頂けますので、どうぞよろしくお願い致します。
https://www.instagram.com/ehamonocom/
 

オールニッポンナイフショー2018

この土日、神戸で開催された『オールニッポンナイフショー』に行って来ました。

オールニッポンナイフショー2018

今回は、「クリエイティブセンター神戸 KIITO」での開催でした。
三宮駅からは、徒歩で15分ぐらいかかりますね、ちょっと遠いですが
いい天気でしたので、苦にならないです。

西田刃物工房代表西田大祐さん

はるばる熊本から初参加の、西田刃物工房代表西田大祐さん

西田刃物工房代表西田大祐さんの作品

西田刃物工房代表西田大祐さんの作品

本鍛造のナイフをたくさん出品されてました。

西田刃物工房代表西田大祐さんの作品

こちらは、肥後象眼を施した切出し小刀

西田刃物工房代表西田大祐さんの作品

この龍が特に見事でした。

 

越前鍛冶、伝統工芸士佐治武士氏

越前鍛冶、伝統工芸士の佐治武士さん。
相変わらず、お忙しいようで出品作は少な目でした・・・

佐治作包丁

人気の佐治さんの包丁です。
(販売をお楽しみに!)

 

佐治打ち刃物社長、野村和生さん

佐治打ち刃物社長の野村和生さんです。
野村さんも、たくさん抱えたバックオーダーで手が回らず
出展作は少しでした・・・

 

越前鍛冶片山雄太さん

佐治さんの元で修行に励む、越前の若手鍛冶士 片山雄太さん

越前鍛冶片山雄太作品

包丁や小刀の中、ひときわ目を引く大ぶりのナイフを出品されてました。

 

越前鍛冶士鳩野憲志朗さん

こちらは、同じく若手越前鍛冶士の鳩野憲志朗さん

越前鍛冶士鳩野憲志朗さんの作品

かなり魅力的な作品を出品されていました。

 

 

 

東北旅行その2~塔のへつり・湯野上温泉

大内宿へ行った後、この日宿泊する湯野上温泉へ行く前に、近くの景勝地
『塔のへつり』へ行って来ました。

なんでも、100万年にもわたる侵食と風化が生み出した奇岩が連なる景勝地で、
へつりとは、この地方の言葉で断崖・絶壁などの意味だそうです。

塔のへつり

こちらが、案内板です。

塔のへつり

遊歩道を歩いて行くと、緑色の美しい川と断崖、そして吊り橋があります。

塔のへつり

橋を渡ると

塔のへつり

塔のようになった断崖絶壁が。

塔のへつり

吊り橋からの景色です。

塔のへつり

渡りきったところからの景色はこんな感じ。

塔のへつり

虚空蔵菩薩がまつられていました。

塔のへつりの後は、湯野上温泉駅へ

湯野上温泉駅

ここは、日本で唯一の茅葺き屋根の駅舎だそうです。

湯野上温泉駅

こちらと反対側に、足湯もありました。

湯野上温泉駅

古い町定番の赤いポスト(^^)

湯野上温泉駅

駅舎の中には、いろりがあります。

湯野上温泉駅

切符売り場もいい感じですね。

つぎに続きます(^^)