カテゴリー

open all | close all

Gallery

P1100058 DSC05803 DSC04879 DSC00488 DSC00721 DSC01257

Instagram



白浜トライアスロン

昨日6月5日は『白浜トライアスロン』の日でした。
この白浜トライアスロンと言うのは、私の所属するトライアスロンクラブ「チームしらさぎ」が主催する、レース形式の練習会で今回は通算130回大会です。
練習会とは言え、オリンピックディスタンスの51.5Km(スイム1.5・バイク40・ラン10km)を連続して行えるよう、エイドステーションやコース誘導のスタッフもいる、全く通常のレースと変わらないもので、今回は参加選手62人、関西圏のみならず、広島市大のトライアスロン部の人や、東京、中国・四国地方などからも参加者があり、にぎやかな大会となりました。
さて、私ですが、2週間前に傷めたふくらはぎが、木曜日のスイム練習後、また痛みだし、ランが出来るかどうか不安なままエントリーしました。
最悪、スイムとバイクだけやって、ランはリタイアしようかなと(このあたりは練習会の気楽さです)とりあえず参加。

まず、最初のスイム1.5kmいつも1.7〜8kmあるこのスイムは、トップ選手でも25分ぐらいかかります。
自分では、結構調子よく泳いでいるつもりだったのですが、結局36分27秒、26位でなんとかゴール。
トランジッションでちょっと手間取ってバイクへ。

バイクはスイム会場から本部までの2kmほども含まれ、合計42kmほどあります。
スタート前、チーム員に初お目見えの、ニューバイク
「おお!カッコええやん!」と言われていた手前、あんまり無様なところを見せるわけにも行かないのですが、いくらいいバイクでも、しょせんは人力(^_^;)とにかく少しでも早く、と頑張って踏み込みます。
結果は、1時間21分54秒(スプリット23位)で、ゴール。
結構よかった去年9月のタイムより1分ほど早かったです。

いよいよ、問題のラン10km
とりあえず、ふくらはぎ用のサポーターをして、ゆっくり走り出す。
いきなり、灘浜大橋の上りで、やっぱり少し痛みを感じます。
ふくらはぎに負担のかかるけり足を使わず、前へ足を置くような感じで、マイペースで走り続けました。
おかげで、心臓や肺は全然苦しくない、この調子なら足さえ痛くなければ何キロでも走れそうな感じ、実に気分がいい。
しかし、後続のランナーには、抜かれっぱなしです(^_^;)
それでもなんとか、キロ5分半のペースを維持55分11秒(スプリット46位)でゴール。
トータル2時間53分32秒、総合32位でした。

後1ヶ月あまりで、ロングの皆生トライアスロンですので、今の状態にはかなり不安が残りますが、それでも、最後まで走り切れたのはよかったです。
来月7月の白浜では、ランもめいっぱい走れるようにしておきたいです。

※白浜トライアスロンシリーズは、4月から11月の8月を除く、毎月第一日曜に、兵庫県姫路市で開催されています。
参加費は3500円で、お弁当や表彰式、参加賞などもあるアットホームで、ほんとに楽しい大会です。
選手・ボランティアを募集していますので、興味のある方は、下記サイトをご覧の上ぜひお申し込み下さいませ。
『チームしらさぎホームページ』http://shirasagi.tacproject.com/