カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC05492 DSC01442 nagominotou12-1 DSC00777 IMG_4930 IMG_5056

Instagram



メダルだけじゃないオリンピックのすごい人たち

北京オリンピック、メダルや新記録更新など、華やかな話題がいっぱいありますが、その陰で頑張っている選手達の感動的な話題も入ってきています。

トライアスロンと縁が深い競技を見ますと、まず自転車ロードレース。

宮沢崇史選手が、初出場で完走しています。
朝日新聞の記事で知ったのですが、この宮沢崇史選手、
お母さんの肝硬変治療のために、自身の肝臓をほぼ半分も
提供したそうです。

腹筋にメスを入れることは選手生命を左右しかねない、しかも肝臓は
長距離の競技者にとってものすごく重要な臓器です。

その後、競技に復帰したものの、結果が出ず、前所属先を解雇。
そんなどん底からの再スタートで、見事オリンピック出場、完走を果たしています。
これって、ものすごいことだと思います。

詳しくは、こちら「アサヒコム」のページをご覧下さい。

もう一つ、トライアスロンと縁深い競技に「オープンウォータースイム」
と言うのがあります。
これは、海や湖など、プールじゃないところを泳ぐ、遠泳競技です。

この種目に、義足のスイマーが出場、見事完泳しています。
パラリンピックじゃなく、正式なオリンピック種目ですよ。
(もちろん、パラリンピックだって立派です)
http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080820-00000006-maip-spo

もともと、水泳選手だったそうですが、17歳の時に事故にあって、
左足を切断、しかし泳ぐことをあきらめず、 アテネパラリンピック出場、
そして今回、見事念願だったオリンピック出場を果たし、10キロを
泳ぎ切っています。

これも、ほんとすごいです。
世の中には、メダルを取った選手以外にも、すごい人はいっぱいいますね。
私も頑張らねば・・・