カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC05492 DSC01442 nagominotou12-1 DSC00777 IMG_4930 IMG_5056

Instagram



ミリオンダラー・ベイビー

クリント・イーストウッド監督・主演の『ミリオンダラー・ベイビー』を見ました。
久々に当たり!でした。

名トレーナー、イーストウッドの元に押しかけ、弟子入り志願する貧しい女性ボクサーヒラリー・スワンク。
「女は指導しない」と最初は断るのだけれど、結局トレーナーを引き受け、イーストウッドの指導の元、めきめき強くなり、タイトルマッチに挑む。
ここまでは、ロッキー的なボクシング映画?かと思っていましたが、その後思わぬ展開になります。
これ以上、言ってしまうと面白くないので、まだ見ていない人はぜひご覧下さい。

人間が生きているって言うのは、どういう事か?
ただ、長生きだけすればいいのか?(長生きはそれだけですごいことですが)
いろんな事を考えさせられる映画でした。

主演女優賞のヒラリー・スワンクの演技が光っていましたが、クリント・イーストウッドの頑固なトレーナーもよかったし、助演男優賞のモーガン・フリーマンも、すごくいい味を出していました。
さすがですね。

一般的に見れば、マギー(ヒラリー・スワンク)は、不幸な人なのだろうけど、貧しくても決して後ろ向きになることなく夢を追い続け、燃えるような一時を過ごして来た、という点では幸せな人生だったのではないかと思えます。
私自身、父親が早くに亡くなったせいもあって、自分もそれほど長生きはしないのでは、と思いながら生きています。
そして、例え今死んだとしても、悔いがない、って言う風に生きていきたいと思っています。
なかなか難しいですが・・・
改めて、そんな事を思ってしましました。