カテゴリー

open all | close all

Gallery

P1100642 P1110005 DSC09674 DSC01208 DSC09663 DSC01099

Instagram


吹屋ふるさと村散歩


しばらくブログもfacebookも投稿してなかったら、友人から
「どないしとるんや?」って、心配して頂きました(^_^)
私のような者でも、心配してくれる人がいるってのは、
ほんとありがたいですね。

と言うことで、随分間が空きましたが、矢掛の後に行った
岡山の『吹屋ふるさと村』のことを。

吹屋(ふきや)は、国の重要伝統的建造物群保存地区に
指定された、歴史的建造物が並ぶ魅力的な町です。

岡山県の中部標高550mの山間部に忽然と、ベンガラ格子の
町並みが現れます。

吹屋ふるさと村

歴史を感じさせる古い町並みは、各地にありますが、
この吹屋地区は、ベンガラの赤い町並みが特徴的です。

吹屋ふるさと村

江戸時代中期から銅の産地として、それに加え末期から
明治にかけては、国内唯一のベンガラの産地として栄えた
そうです。

で、当時の豪商達が個々の屋敷が豪華さを纏うのではなく、
旦那衆が相談の上で石州(今の島根県)から宮大工の棟梁
たちを招いて、町全体が統一されたコンセプトの下に建て
られたとのことです。

http://takahasikanko.or.jp/mod……tent_id=21

吹屋ふるさと村

ぶらぶら散策するのがとても楽しい町並みです。

旧片山家住宅

こちらは、重要文化財「旧片山家住宅」
片山家は、1759年の創業以来200年余りにわたって、
弁柄の製造・販売を手がけたそうです。

旧片山家住宅

中を見学

旧片山家住宅

土間には竃などが

旧片山家住宅

母屋の裏には、弁柄の製造蔵が。

旧片山家住宅

蔵の中には当時の仕事の様子や、ベンガラのサンプル
道具類が展示してあります。

旧片山家住宅

旧片山家住宅

道具類も全てベンガラ色ですね。

旧片山家住宅

その向こうには、道具蔵。

旧片山家住宅

資料館という感じで、古い書物や、玩具などが
展示されていました。

旧片山家住宅

旧片山家住宅

当時の遊びなどが偲ばれますね。

町並み保存地区から、少し歩いた場所に銅山跡があります。

吉岡(吹屋)銅山 笹畝坑道

吉岡(吹屋)銅山 笹畝坑道です。
こちらも中が見学できるようになってて、見学してきたのですが
いい写真がありませんでした・・・(^_^;)

その後、町並みから3km程離れた所にある「広兼邸」を見学。

広兼邸

ここは、銅とベンガラの原料製造などで巨大な富を築いた、
庄屋・広兼氏の邸宅です。

広兼邸

下の駐車場から見上げると、まるでお城です。

広兼邸

庭もすごく豪華

広兼邸

座敷もすごいです・・・

広兼邸

映画「八つ墓村」のロケが2度も行われたそうです。

最後にもう少し、町並みを

吹屋ふるさと村

吹屋ふるさと村

吹屋ふるさと村

車がないとなかなか行けない場所ですが、吹屋ふるさと村
とても魅力的な町でした。