カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC05492 DSC01442 nagominotou12-1 DSC00777 IMG_4930 IMG_5056

Instagram



『海の祭礼』吉村昭

久しぶりに、本のことなど・・・

少し前に、吉村昭の『海の祭礼』という本を読みました。

幕末、ペリーが来る5年前に、日本にあこがれてやって来た
アメリカ人青年、マクドナルド。
彼は、単身利尻島に上陸し、やがて松前から長崎へ移送され、
座敷牢に収容されます。

そこで、オランダ語の通訳をしていた、森山栄之助は、彼から
英語を学びます。

やがて、マクドナルドは、長崎へやって来たアメリカ船で帰国。
森山は、ペリー来航以後、日米和親条約を初め、各国との外交
交渉の場での無くてはならない存在として、活躍していきます。

しかし、幕府が倒れたあと、新政府に仕えることなく、生涯を終えた
森山の最期には、少し寂しいものがありました。

そう言えば、前に読んだ、「アメリカ彦蔵」の浜田彦蔵(ジョセフ彦)や、
ジョン万次郎こと中浜万次郎も、あまり恵まれた最期とは言え無い
晩年でした。

派手な活躍をした志士の影で、こんな風に日本のために働いたり、
歴史の波に翻弄された人がいる。
最近は、なぜかそんな人の物語に、惹かれます(笑)

さてこの本、前半のマクドナルドと森山の交流のシーンが、特に
良かったです。

英語の教材やスクールが、町にあふれ、パソコンやスマホで簡単に
翻訳出来る現在と違って、この頃に語学を身につけようとするのは、
ほんと並大抵のことではなかったでしょう。
そんなことを思うと、もっと英語の勉強しなきゃ、、、
って、思ってしまいます(^_^;)