カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC05492 DSC01442 nagominotou12-1 DSC00777 IMG_4930 IMG_5056

Instagram



神戸 移住ミュージアム


今回は、11月の半ばに神戸を散歩したときのブログです。
このところ、あちこち歩きに行って、写真を撮ってるので、書きたいことが
いっぱいあるのですが、なかなか更新出来ず、今日まで来てます。

このときは、県庁北の諏訪山あたりから、北野を経て布引の滝まで
歩いたのですが、北野へ行く途中に『海外移住と文化の交流センター』
いう建物がありました。

神戸市立海外移住と文化の交流センター

元々は、1928年に開設された神戸移住センター(国立移民収容所)
だそうです。

移住ミュージアム

建物の前には『ブラジル移民発祥の地』の石碑が。
中に入ってみると、『移住ミュージアム』がありました。

ブラジル移民については、垣根 涼介の「ワイルド・ソウル」を読んで以来、
すごく気になっていましたので、早速見学することに。

移住ミュージアム

移住ミュージアム

中には、この建物が出来た当時の神戸の様子や、移民船の模型、
当時使われた農機具を初めその頃の生活が伺われる物が多数
展示されていました。

移住ミュージアム

移住ミュージアム

移住募集のポスターなども

移住ミュージアム

当時の移住者の像などもありました。

移住ミュージアム

移住者に贈られた手ぬぐいだそうです。
奥にあるランタンはコールマンですね。

移住ミュージアム

移住者が、起居した部屋の様子なども再現されていました。
各種手続きを済ませて、乗船するまでここで過ごしたそうです。

移住ミュージアム

パネルでは、入植から今日に至るまでの様子が写真や資料などで
紹介されています。

移住ミュージアム

移住ミュージアム

移住者が日本から持っていった物などの展示も。

移住ミュージアム

どれも、移住者にとってはとても貴重な品だったのでしょうね。

移住ミュージアム

そして、現在の神戸と、外国人についてなど・・・

先日の、炭鉱博物館とともに、こちらも一見の価値のある施設でした。
機会があればぜひどうぞ(^_^)