カテゴリー

open all | close all

Gallery

DSC07020 yonaguni (2) DSC00436 DSC03708 DSC01133 IMG_4315

Instagram



第24回宮古島トライアスロン参戦記3~スイム

4月20日 いよいよレース当日です。
予定通り、朝3時起床 レストランで朝食。
宮古島は、さすがに島上げてのイベントだけに、
朝早くからちゃんとした食事を用意してくれます。
ありがたい・・・
10時間以上の長丁場に備え、しっかりご飯を食べ
身支度を整え、装備の再点検を済ませて、5時前に
ホテルを出、いざスイムスタート会場へ。

どうも例年に比べて、緊張感が少ない。
ここ5年で、ロングに出るのが7回目なので、
だいぶ慣れてきたか?
まあいいことなのだろうけど、油断しないよう
気を引き締めなければ。

会場に到着して、まずは選手登録。
記録を取る為のセンサーの付いたリストバンドを
付けてもらい、腕にナンバリング。

選手登録

自転車にボトルを取り付けて、タイヤに空気を入れ
ランとバイクの装備を預けて、日焼け止めを塗り…
何せ、3種目の準備でレース前は忙しい。
バイクギア

バタバタと準備を済ませて、浜辺へ。
天気は、薄曇りで、風もあまりない、いいコンディ
ションです。

スイムは、600mを沖に向かって泳ぎ、続いて岸と
平行に1100m、そして最後1300mを岸に向かって泳ぐ
台形のコースです。

約1500人の参加ということで、さすがにすごい人です。
これが一斉にスタートしたら、バトルが大変だなぁ
と、それが一番の心配です。
避ける為に、最前列のすぐ後ろ、真ん中からやや
外寄りに位置取りしてスタートの合図を待ちます。
いくら慣れたとは言え、緊張が最高潮に達する瞬間です。

ところで今年の、スターターは小泉純一郎元首相でした。
沖からボートに乗って、現れた小泉さんエライ人気(^_^)

ちょっと緊張感も取れた午前7時、合図のピストルと
ともにいよいよ長いレースが、スタートしました。

スイムスタート

前列からのスタートなので、最初から思いっきり
飛ばしていきます。
(そうしないと後ろから、乗り越えられて来てへ
たすると溺れます)
しかし、作戦は成功!
うまくいい位置で泳ぎ出すことが出来、その後も
速い流れに乗って最初の600mのブイまで、問題なく
行くことが出来ました。

それにしてもきれいな海。
どこまで行っても、底がよく見えます。
所々に、珊瑚礁があり、ダイバーが万一の事故に
備えて、水中で待機しているのも・・・

気が付くと、1つ目のブイを曲がって、岸と平行に
泳いでました。
そのまま、順調に泳ぎ、ほとんどバトルもないまま
最後のブイを折り返し、岸に向かいます。
潮流のせいか、かなり泳ぎやすい。

素晴らしく透明な、宮古島の海を楽しみながら
あっという間に3キロのスイムが終了。
疲れもそれほど感じない。
タイム計測地点を見ると49分50数秒・・・
これは50分を切れるかと思って、走るもののなにせ
砂の上は、思うように足が進まず、計測器に手を
乗せた時には、50分を16秒過ぎてました。

しかし、レース前50分目標、けど現実は55分ぐらい
かな、と思ってた、いい方のタイムでした(^^)v

ハンガーに掛かっている、バイクギアを取って着替え
テントへ。
補給して、ゼッケンや、サングラス、ヘルメットを
付け、バイクシューズを履いて、さあ次はバイクです。