カテゴリー

open all | close all



福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

NHK「鶴瓶の家族に乾杯!」をはじめ、テレビなどで話題の
福井県越前市の「タケフナイフビレッジ」をご紹介致します。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

700年の伝統を誇る、刃物の産地としてその伝統を未来に伝えていこうと、
伝統工芸士の佐治武士さんや、故浅井正美さんを初めとする10人の鍛冶職人
たちによって作られました。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

建物の中は誰でも見学することが出来ます。
また、包丁などの即売コーナーなどもあります。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

プロダクトデザイナー川崎和男さんがデザインした包丁は、当店でも人気ですが、
海外のシェフの間でもとても評判がいいそうです。

では工房内を・・・

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

建物の中、2階に見学出来る通路があります。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

何度も行ったことがあるのですが、この日は、「佐治打刃物工房」社長の
野村和生さんが、ナイフを作られていました。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

炉で鋼を熱する野村さん。
許可を得て、下へおりて間近で見学させて頂きました。
(※通常は上の見学路からとなります。)

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

この日は総鋼のナイフを作られていました。
真っ赤になった鋼を叩き伸ばしていきます。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

何度も赤めては叩いて鍛え形を作っていきます。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

こうしてナイフの形を作っていった後、荒研ぎや焼入れ、仕上げと、
何工程もの手作業を経てやっと1本のナイフや包丁が出来上がります。

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」野村和生氏

普段はとても温和で気さくな方ですが、お仕事の際はとても鋭い表情をされてます。
(当然ですが・・・)

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」

施設内には、鍛造だけで無く研ぎや焼入れなどの設備が整っています。

また、年に数回、手作り鍛造ナイフ教室が開かれ、1泊2日で本格的なナイフを
作る事が出来ます。

鍛造教室

元の画像がどこかへ行ってしまい、小さな写真しかありませんが、私も
約20年近く前に体験してきました(^^)

アルタスプロ牛刀でのトマトテスト動画です。

 

福井県越前市「タケフナイフビレッジ」の包丁

人気のタケフナイフビレッジの包丁
https://www.ehamono.com/houtyou/takefu/index.html

 

今回はちょっと宣伝になってしまいました(^_^;)