カテゴリー

open all | close all



2015道東の旅~その2知床へ

道東旅行の続きです。
翌日は、朝食後早々にホテルをチェックアウトして、一路知床を目指します。

根室から知床へのルート

朝は、雨が降っていたのですが、走るうちに止んできました。

途中、野付半島へも行きたかったのですが、今回は素通り・・・
そのまま海沿いを北上して、羅臼から知床横断道へ入ります。

知床峠からの眺め

知床峠の駐車場で休憩。
展望所からは、雲が多いものの、国後島まで見渡すことが出来ました。

北方四島の案内図

展望所には北方四島の案内図が。

知床峠からの眺め

こうして見ると、本当に近いですよね。
以前読んだ、司馬遼太郎の『菜の花の沖』の中で、高田屋嘉兵衛が、
国後・択捉間の航路を開拓、苦労して漁場を開いた場面などが、思い
浮かびます。

 

知床峠から、うとろ方面へ走り、知床自然センターへ。
目指すは、知床八景のうちの知床五湖と、カムイワッカ湯の滝です。

シャトルバス乗り場

連休中は、知床五湖の駐車場が混むのと、カムイワッカ湯の滝へは、
自動車の乗り入れが出来ないので、ここに車を置いて、シャトルバスに
乗り換えます。

エゾ鹿肉カレー

バスまで少し時間があったので、自然センターのレストランで昼食。
せっかくのなので・・・エゾ鹿肉のカレーを頂きました(^_^)

次に続きます・・・

 

しらさぎ練習会「白浜アクアスロン」

今日は、所属するチームしらさぎの練習会、白浜アクアスロンの日でした。

今年は、6月に開催して以来、7・9月が悪天候のため中止になりましたので、
本年2戦目にして、最終戦になってしまいました。

すでにシーズンオフの選手が多く、参加者はスイムのみ、ランのみの方を
入れても、11名のみ。
ボランティアやスタッフも少なめでやや寂しい練習会となりましたが、秋晴れの
気持ちのいい天気の下、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

 

チームしらさぎ白浜練習会

久しぶりに灘浜公園近くの本部設置場所へ行くと、ペットボトルや花火の後のゴミ
が散らかっていたので、まずはゴミ拾いから・・・

白浜アクアスロンスイム

スイムは、10月のきれいな海を1500m
ちなみに水温は26度だったそうです。

計測係をしている私

私は、例によって計測係。
しかし、太りすぎですね・・・
選手のみなさんとえらい違い、ほんと頑張って練習して、来シーズンは
最終戦だけでも復帰出来るようにしなきゃ・・・

 

若原新吾選手

総合1位、若原選手。
この週末には、ハワイアイアンマンチャンピオンシップに出場します。

揖場裕選手

2位は、揖場裕選手65歳
エイジ日本チャンピオンで、先日の世界選手権ではエイジ6位
世界の舞台での表彰台が、すぐ手の届く所に来ています。

 

しらさぎ練習会集合写真

お弁当、表彰式の後、集合写真。
今日は、早く帰った人が結構多く、寂しい集合写真となりました(^_^;)

 

2015道東の旅~その1最東端へ

9月のシルバーウィークに、北海道の道東へ行ってきました。

今回の目的地は、本土最東端の根室納沙布岬、そして世界遺産の地、知床です。
知床は、世界遺産になる前に一度行ったことがあったのですが、根室は初めてです。

今年のゴールデンウィークに最西端の与那国島へ行っていますので、今回の旅行で
6年前に行った最北端の宗谷岬、2年前に行った最南端の波照間島と、端っこすべて
制覇となります(^_^)v

何というか、最近は人の少ない、地の果て・・・みたいなところばかり行ってます。
そういう所にすごく惹かれるんですよね(笑)

まずは、朝一番の飛行機で、神戸空港から千歳空港へ。
さらに、根室中標津空港へと乗り継ぎです。

中標津空港行き飛行機

千歳から中標津への飛行機は、プロペラ機でした。
当日は、悪天候で天候調査の後、引き返すかも知れない、
との条件付き飛行でした。

中標津空港

心配しましたが、それほど大きく揺れることもなく無事、中標津空港に到着。
ここは、木が多く使われた素敵な建物の空港なのですが、ゆっくり見て回る
時間もなく、すぐにレンタカー会社へ。

Sクラスのレンタカーを借りて、雨が激しく降る中を納沙布岬目指してドライブです。

根室へドライブ

晴れてると、景色がよさそうなのですが・・・

納沙布岬

何とか、納沙布岬到着。

しかし、風雨が強く、傘も壊れてしまい三脚を立てての記念撮影は出来ませんでした。
最東端の碑だけ撮って、早々に車へ引き返し、根室市内のホテルへ早めにチェックイン。

とても残念な結果になってしまいました。
機会があれば、もう一度ゆっくり行きたいですね。

と言うことで1日目が過ぎて行きました。
つづきます。

 

壮行会

所属するチームしらさぎのアクアスロン練習会は、今月も雨で中止でした。

そんなわけで、しばらくチームの仲間とも会ってなかったのですが、
12日の土曜日は、世界選手権に出場する揖場さんと、アイアンマンハワイに
出場する若原選手の壮行会で、久しぶりにみんなと楽しい時間を過ごしました。

会場は、姫路市の北部で農業を営む「チームしんすけ農場」の井藤氏所有の
古民家。
築100年だそうです(^_^)

車でしか行けないので、寝袋持参。
夜が更けるまで、トライスロン談義に花を咲かせました。
年齢も職業も全然違うけど、フラットな関係がすごく居心地がいいです。

揖場さんと、若原選手には、ぜひ頑張って欲しいですね。

 

来月のアクアスロン練習会は、無事開催出来るといいのですが・・・

 

2015年6月白浜アクアスロン

写真は6月の練習会です。

 

『僕らは冬の知床で』加藤 俊寿

知床に行きたくて、いろいろ調べていて出会った本。

僕らは冬の知床で

加藤俊寿さんの『僕らは冬の知床で』

著者の若い頃の体験を元にした、私小説とも言うべき作品です。

やや内気で人付き合いがあまりうまくない主人公、”佐藤”が大学卒業を前に
冬の知床へ一人旅に出ます。

そこでの地元の人たちとのふれあい、滞在したユースホステルでの仲間との
出会い。
ほのかな恋心。

夜はいろり部屋で仲間達と酒を酌み交わし、昼は美しい雪景色の中を
みんなで探検する。
そして流氷に沈む美しい夕日を眺め・・・

そうするうちに少しずつ変わっていく主人公・・・

そんな主人公の内面や、知床の自然とユースホステルでの楽しい生活が、
読みやすい1人称の文章で描かれています。

 

こんな気ままな旅、うらやましいですね・・・
冬の知床に流氷を見に行きたくなりました(^_^)

 

 

10 / 348...89101112...203040...»|